2007年04月29日

30半ば、ピザで勇者

 30過ぎのおっさんにとって10代半ば、ヤング・アダルトのPCを扱うのは少し辛いところがあります。もちろん、無理にロールプレイせず無個性キャラで行けば負担はないのですが、最近になると自分がロールプレイするのはおろか、他人がヤング・アダルトを演じるのを聞いているのもいささか苦痛に感じることがあります。

 TRPGの中には『アルシャード・ガイア』、『ナイトウィザード』、『エンゼルギア』、『アリアンロッドRPG』、『ダブルクロス』、『無限のファンタジア』と云ったヤング・アダルトを基調とした作りの作品が多く、(語弊はあるが)とっつきやすいということもあって、シェアは大きいと云えましょう。『ソードワールド』など無個性的な作りの作品も、誰彼が強制することがなくてもヤング・アダルトなパーティになることが多々あります。
 コンシューマーと違って、数時間ほどの時間資源を先行投資するTRPGの場合、必ずしも自分が好きなゲームが遊べるとは限らず、しかもオフラインでの付き合いですからイヤとばかりもいられない。不承不承、好みに合わないゲームをすることもままあります。それでもプレイ仲間が証に合えば融通がきくもんですし、楽しくプレイできます。
 
 ただ、ゲームの作品傾向が違えばプレイ仲間の心構えも違うものでして、ヤング・アダルト向けTRPGをプレイすれば、自ずとヤング・アダルトPCのロールプレイをしたがる人が集まるのも自然なことです。当然、プレイヤーもヤング・アダルトかそれ同等の人も多いわけで。

 よく最近のRPGはアニメ調の青臭い餓鬼どもが愛や正義を叫んで世界を救う展開(僕はテイルズシリーズしか思いつかんけど)ばかりで食傷だという意見を聞くけど、コンシューマーならまだそういうゲームを選ばなければいい。TRPGは「そんなの」を熱意を以てプレイする人と面と向き合って付き合う必要があり、演じているご本人の頭の中自体も「そんなの」である場合もままあります。

 他者として接してみると、「そんなの」なキャラはまず第一に「でしゃばり」かつ「鬱陶しい」連中であることが目に付きます。ロールプレイとしては難易度が高いキャラであり、扱いがうまくいかなければ煩いだけの存在となります。

 僕も以前、「そんなの」なプレイヤーがヒロインの扱いに無頓着だった(自分のキャラ設定を披露することに精一杯)ので戴いたら怒られたことがあります。面目潰したのは悪いけど、そのシナリオは彼が師と仰ぐ人物が悪に染まって裏切りをするという展開で、裏切った師とのやりとりで彼はテンパッており、ヒロインが放置されかねない状態でした。
 
 「そんなの」キャラを演じるに一番未熟な「かっこいい台詞をしゃべるのに精一杯」状態に陥ったわけで、彼には主役は重荷でした。
 いいとか悪いとかの問題ではない。
 「そんなの」なキャラは「無垢な善意が大人社会の矛盾に立ち向かう」というテーマが付きまとい、色々と価値観・倫理観に向き合う機会も多い。「世界を救う」という役割のために、こと人命に関しては多くの責任と配慮を求められる。
 他のPCよりもより多くの判断と配慮が強いられる立場にあるのが「そんなの」PCです。決断力がなければ物語は空転しますし、配慮がなければ自分だけの世界に浸るひたすらDQNな存在となる。

 確かに物語としてはよくあるキャラであるわけですが、はたしてTRPGとしてはどうか、と思うのですよ。対話に練達した玄人向けのキャラであって、間違っても「そんなの」なプレイヤーが扱うべきではないキャラではないでしょうか。

◆◆◆

 ちなみに僕は以前、『ナイトウィザード』をプレイした際、成り行きからいわゆるPC枠1を受け持つことになり、勇者として悪に立ち向かうキャラの作成を求められました。だがここで「そんなの」らしい青臭い少年少女を演じきれる自信はありませんでした。
 
 そこで、「30半ばのピザなおじさん」というとても演じやすいキャラを勇者にしました。14、15の子供でも務まる役目、ピザな親父でも務まるでしょうしね。
 けど発表した途端、GMの足元が崩れ落ちる音がしたような気がしました。
 
 悪かったね。主役がトルネコで。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

お金で殴り合ってた時代を回顧

/.   /|| ∧_∧
| ̄ ̄|  ||(Θ-Θ=).  おお、うがつものも更新されてる……
\  ̄\_ | l ̄\と )
二二二二二「二二二|.


/.   /|| ∧_∧
| ̄ ̄|  ||(ΘДΘ=).  ……
\  ̄\_ | l ̄\と )
二二二二二「二二二|.


        ビタン!!
/.   /||   ∧_∧
| ̄ ̄|  || (( (ΘДΘ#).  ……TRPGネタじゃねーー!!
\  ̄\_ | l )==( と )
二二二二二⌒)⌒(⌒二二|.


 
 すいません。
 最近、F.E.A.Rゲーマー釣るよりAA貼ってた方がアクセス数が安定するということに気付きまして……。毎回貼ろっかな?
 それでもBlogのネタとしては殴りあったり胸倉掴んだりする話が手っ取り早いって所もあるんです。
 そんなわけで、今日は典型的な殴りあうプレイ、お宝の配分についての小話。

 昨今のゲーマー諸兄は獲得した財宝をいかに配分するかで揉めた経験などまずないでしょう。
 そもそも財宝=経験値だった『D&D』新和版の時代ならともかく、『ソードワールド』の時代から、別に苦労して大金稼がなくてもシナリオを解けば経験値が入るようになり、お金が冒険の動機たりえなくなった感はあります。さらにF.E.A.R社のゲームによって特技・超能力の性能が装備品を上回るようになって、装備品を揃えるべくお金を工面する必要性も大きく薄れました。
 お金自体が日本のTRPGにおいて必要ないものとして扱われているし、そうなるようにデザインがされてたりシナリオが提示されてたりするのが現状なのでしょう。
 それを寂しくも思うと同時に、プレイ前の金の貸し借りや依頼人との交渉でシナリオが阻害され、(物語を語りたい)GMにストレスを与えてきたことが影響して今のようになっていったことも考慮し、これも1つの道かなと認識しています。

 それでも、『サタスペRemix+』や『迷宮キングダム』なんかは生活の糧に関してがめついプレイをしていただいた方が「らしい」とは思うんですよね。
 
 んで、冒険が成功してパーティ一同の前には財宝が詰まった宝箱が1つありました。普通ならここでシナリオ成功となり、GMが適当に「みんなにそれぞれ○○与えます」と宣言してお開きとなるんですけど、ここからが殴りあうプレイの本領発揮なんですよ。

「待て、これは全部俺の金だ!」

 この一言。
 このあまりにも身勝手で強欲な、それでいて人間臭い一言。これを楽しめるかどうかで、そのメンツが殴りあう仲間なのか殴りあわない仲間なのかが分かります。
 殴りあうプレイだとここで一悶着して楽しいですけど、殴りあわないプレイだと、この一言で「君はよいロールプレイをしなかった」などとダメ出しくらって終わりになってしまうでしょう。

 僕はもう随分、お金の配分で楽しんだプレイから遠ざかってますから、この楽しさを伝えるには今日の所は時間が足りません。
『AD&D』プレイヤーハンドブックのアライメントの欄にある、各性格ごとの冒険者が一同に集ってお宝の配分について主張している例文は今から見ても面白いんですけどね。

 それでは今日はこのへんで。
 
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ゲームマーケット2007おつかれさま

      _
   ,'^ァ''´ ヘ ヾ7
  ! 〈!lノリノハ)))'
  ノ ソ(lノ´ヮ`ノ从    充電が必要。
 (i( ⊂)j<+>!つソ
     く/_|j〉
     し'ノ


 ゲームマーケット2007に参加された皆様、お疲れ様でした。僕も開会から閉会までボードゲームやりまくりの充実した1日でした。面白かった何作かはレビューできればいいのですけど。
 ちなみに都民の端くれなので都知事選は期日前で投票してきました。日本転覆はならなかったようで。

 ちなみに、AAはよしなしごと限定。 

追記:外山恒一氏には申し訳ないけど、入れていません。15000票も獲得したそうで、祭りの結果としては泡沫の域を超えておりますな。
posted by 回転翼 at 01:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ゲームマーケットに行ってきます

      _
   ,'^ァ''´ ヘ ヾ7
  ! 〈!lノリノハ)))'
  ノ ソ(lノ ゚ ヮ゚ノ从    ねむねむ選手権。
 (i( ⊂)j<+>!つソ
     く/_|j〉
     し'ノ


 AA1つ貼るのにこんなに苦労するとは思いもよらなかったです。勉強しなおしますので嗤って許して。
 
 そんなわけで明日はゲームマーケット2007に行ってきます。まぁ遊ぶ方だけど。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

[涼宮ハルヒの呼び声]追加設定:鶴屋さんとキョンの妹

 4月1日です。この世はホラで満たされます。
 さて、去年8月に書いたクトゥルフ風味ハルヒに関して、追加設定を注文されてしまったので、ここに追加しておきます。別に異能を持ったキャラではないので人間でもええやんと思うんですけど、まぁ一応ということで。

【邪説その5】
鶴屋さんは眠りから醒めた《ンカイに眠るもの》ツァトゥグァである。

 鶴屋さんの正体は、アフリカの地下にあるとされる「ンカイの黒い入り江」に住む異形の神、ツァトゥグァが関係しています。本体のツァトゥグァは蟇蛙のような体型に柔毛で覆われた肌を持ち、空腹の時意外は常に微睡んでいる怠惰な神です。だが、その反面豊富な知識を持ち、注意深い観察者でもあります。
 あらゆる姿に変身できるツァトゥグァであるが、その性格上本体が変身しているとは考えづらく、あるいは、自分の耳目となる眷属なのかもしれません。一説には、ツァトゥグァの発音が人間(ツァトゥグァを崇めていた魔術師エイボンに所縁のある者かもしれない)に訛って聞こえた「チュルヤ」を日本人風の名にしたのが鶴屋さんの名前であると云います。
 表向きは大金持ちの令嬢とされていますが、その実は太古ハイパーポリアの時代からツァトゥグァを崇める魔術師たちの拠点であり、その豊富な資金で古泉一樹が所属する「機関」……ヨグ=ソトースの教団に援助もしています。
 基本的には善意の第三者として振舞っていますが、拠点である鶴屋山を発掘した時にはキョンにンカイを垣間見せることもしました。

【邪説その6】
 キョンの妹は旧き猫の神、バーストが憑依している。

 キョンの妹には古代エジプトで崇拝されていた旧き猫の神、バーストが憑依しているという噂があります。一般にはエジプト名のバステトとして知られるバーストは、千の化身の1つにエジプト人の姿があるニャルラトテップと繋がりがあります。彼女がニャルラトテップの協力者なのか、あるいは監視者なのかは定かではありません。
 すべての猫の神たるバーストは配下の猫たちを眷属として使っています。その眷属の中でも人語を理解し、異能を秘めた猫がキョンの妹が飼っているシャミセンです。シャミセンは偶然を装って涼宮ハルヒ(ニャルラトテップの化身)と接触し、SOS団の動向をバーストに伝える役目を負っています。
 
 
 これでメインキャラはほぼ出したかな。
 それでは今日はこの辺で。

 次回はこれまた居酒屋での酔った勢いで生まれた『Fate/The Masquerade』でも……これはホラで終わるかな?
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒの呼び声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。