2009年06月20日

誠実な者同士でもダメプレイは生まれる 〜TRPGにおける配慮の行き違いから起こる消化不良〜

 せんだって、カオスフレア2ndをプレイしたのですがGMさんが初心者にシナリオ展開を分かりやすくしようと、とあるアニメの展開を基調としたシナリオを組んできたのです。ところがプレイヤーは僕ふくめて誰も(GMがアニメ的展開を期待して用意した)ヒロインにはタッチせずPC同士で熱いロールプレイに終始。結局、誰も元ネタが何であるか窺うこともしないまま淡々と終了しGMさんを少し落胆させる結果になってしまいました。

 お互い消化不良だったんですけど、この状況は互いの感情が悪い方向に行く危険があり、セッションとしては失敗以上に望ましくない結果とも云えるでしょう。

 何がマズかったかというと、GMとプレイヤーの双方がお互いが善意から気遣いを見せたのに、その配慮の尺度が違っているものだから行き違いが発生したってことです。
 互いに善意から取った行動で気まずい結果を生んだのにも関わらず表面的にはシナリオは達成したので、後味の悪さだけが残る。こういうセッションは後で互いが陰口叩いたりして、静かに関係が悪化する事態に発展しがちなのです。

 今回はアニメネタなのでBlogという場では(ヲタクの同属嫌悪から)
GMの分が悪いのですが、GMが分かりやすいよう配慮して作ったシナリオがプレイヤーの真面目にゲームやりたいという気持ちを殺ぎ、逆にプレイヤーの真面目にゲームをやるのが誠意だという気持ちがGMには配慮を無視したと写るなんてケースがあって、結局どっちも悪意はないけど問題が起こるのです。

 僕が初めて『キャッスルファルケンシュタイン』をプレイした時も、GMさんがどうやったらこのゲームを分かってもらえるか苦慮した挙句、バイエルン王国とは関係のないダンジョンシナリオを用意したのです。ところが、セッション内容を知らないプレイヤーが選択したキャラは音楽家とか竜の貴族とか、悪の組織のボスとか到底ダンジョンが似合わぬ都会派ぞろい…。
 正直、あまり面白くありませんでした。
 かと言って、宮廷陰謀物やりたかったと言っても仕方がない。GMさんはそれはプレイヤーにとってとっつきにくいだろうと配慮してのダンジョンシナリオだったのですから…。

 結局、GMとプレイヤーが善意を感じる配慮の尺度が異なるからこんなすれ違いが起こるわけで、それも互いが進んで配慮を示す良心的な遊び手の場合においてはそれが顕著に現れるってことなのでしょう。

 良心的なGMほど、ゲームのプレイアビリティを引き出すことよりもパーティの成功に心配りをする傾向にあります。TRPGの成否はあくまでもGMとプレイヤーとの交友の成否にあり、そのためにゲームを薄味にするのはいい配慮だと思うわけです。複雑なゲーム設定でプレイヤーが苦慮する事態は(プレイヤーが望んでいるとしても)避けるべき無配慮と感じるわけです。
 逆に良心的なプレイヤーほど、ゲームに真剣に向き合うのがGMへの誠意だと思うものです。キャラクターはパーティバランス重視、ロールプレイはシナリオ展開のためのみに行い、とにかくゲーム活動を損ねるのはマズいと考えるのです。
 
 こうして特に問題のない普通のゲーマー同士が、互いを異質な存在だと嫌悪して、静かにTRPGそのものへの印象を悪くして距離を置きだす事態は好ましいこととは言い難いでしょう。

 僕としては、GMはゲームが難しいと思うのであれば、安易に誰でもわかるネタに走るのではなく、そのゲームの世界観が求めている王道テーマをぶつけるべきだと思いますが、それにはよくルールブックを読んで王道を見出すことが肝心です。

 王道の基準は期待を裏切らないことと言いますが、まずシステムとしてキャラクターのデータが十分活用できることと、世界観としてキャラクターの設定がロールプレイに合致していることが重要なポイントなのだと僕は考えています。

タグ:TRPG
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

結局、メソメソして1日が終わった

 
 一日が経過しました。
 死を悼むなどと殊勝なことをせず、ただ一日メソメソしてたような気がします。こんな日はコンベンションに飛び込んで、ひたすら熱弁とダイスを振ってクリティカルに湧いてファンブルに笑ってくるべきだったのに、何やってるんでしょう。

 一夜明けたNOAHの会場では遺影に向かって対戦相手の斉藤選手が土下座したそうですが、彼自身も苦難の人生続きの中ようやく掴んだ“死神”ギミックでの脚光が、まさかこんな大厄を背負うことになろうとは因果が残酷すぎる。断じて、斉藤選手を終わらせてはなりません。

 このBlogでプロレスラーの追悼記事を書くのはこれで3度目です。
 エディ・ゲレロにクリス・ベノワ、そして三沢光晴といずれもプロレスファンに多大を夢を与えてくれたのに、それを返しきれてないというのにリングを去ってしまいました。
 あと1試合。せめて1試合。

 僕はプロレスに関してはヲタクと冠する資格もないただのファンに過ぎません。リスペクトを受けるに相応しい見識などなく、ただ試合を見て楽しんでいる何の一家言もない人間です。
 今回の事故に対して何かアクションを取ろうと考えても、三沢光晴というレスラーを忘れないこと、そして残ったレスラーたちに変わらない応援を送り続けるしかないわけで、たぶんそれが一番賢明なのでしょう。
 それでも軽躁な連中は責任問題などと叫んで彼らを責め立てるでしょうし、僕にしたって「人死にが出る危険なショーを擁護する腐った連中」といった謗りはメッセージを発した以上、当然のように受けるでしょう。
 僕だってプロレスファンでなければ、「明らかな過失」「刑事責任を問え」「厳しく規制すべきだ」などと口にしてしまうかもしれないほど、今回の事故は心理的に深刻なのです。今の所、そんな声に怯える心配はないので杞憂に終わってくれればいいのですが…。

 今回のメッセージも、何か書かずにはいられなかったのに、それでも謗りを受けるのはイヤで、いっそ風化するまで沈黙すべきなのかと思って、結局自分は弱いということを痛感し、彼の強さと素晴らしさを余すことなく伝えられるプロレスファンの方々には申し訳ないと思いながらやっぱり書いてしまったわけです。
 
 プロレスが好きなのです。三沢選手も斉藤選手も素晴らしいレスラーです。まだ彼らがくれた恩に報いていないのです。
 だからこれからも好きでありたいのです。

 いずれにせよ、昨日をもってレスラー・三沢光晴は伝説へと歩みはじめたのでしょう。虎とエメラルドの名を冠した技と肘鉄にその名を残して…。
タグ:三沢光晴
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

天は無情なことをする…

 PC買い換えました。
 ここ2週間ほどはデータの移動してたり、ゲームマーケットでボドゲしたし、GMも2度したし、まぁとにかくゲームしてたりゲームしてたりゲームしてたりしてました。すまぬです。

 正直、今日はBlogどころじゃないのです。

 プロレスラー三沢光晴さん、試合中に倒れ死亡(asahi.com)

 こんなことがあってなるものでしょうか。
 冥福とか云う以前に、嘘であってほしい。

 今はただ天は無情なことをすると顔を覆うばかりです。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。