2009年03月29日

忘却したコミュニティ 〜ブルーフォレスト物語のプレイモデル〜

 かつて僕が楽しんだゲームの1つに『ブルーフォレスト物語』(通称:青森)があります。伏見健二氏がデザインした東洋的世界・シュリーウェバでの冒険を楽しむファンタジーRPGです。伏見氏はその後小説としてもこの世界をテーマにし、いわば伏見氏のライフワークともいえる作品です。
 去年、グランベール社によってリバイバル版が再販され、PDF版ルール及び二次使用可能な基本システムが盛り込まれたCD-ROMが同封されるようになりました。これによってルールサマリーの製作などの手間が軽減され、GMをする身としてはありがたい道具となりました。

 ところで、このグランベール版青森の後書きにて、伏見氏はまた新しい青森を製作中であり、この再販はいわば布石であるという内容の文章を載せています。
 伏見氏の意気込みは今後も見守るとして、この旧版青森自体は現在手に取って見ると、はたして現在現場で盛んにプレイされている『ソード・ワールドRPG2.0』、『アリアンロッドRPG』などといったファンタジーTRPGと競う中、十分なプレイ環境を得られるのか自信がありません。1度や2度なら、物珍しさに集まるかもしれませんけど、純粋にゲームシステムの魅力から見てそう何度もプレイしたい作品ではないと思うのです。

 僕自身は思い入れがあるわけで、個人としてはまだ終わっていないと言えます。だが、90年代半ばに展開した価値モデルは崩壊しており、本格的ファンタジーTRPGが乱立している2009年において青森が一定のシェアを獲得できるのは至難の技だと考えています。

 そんなわけで、今日は90年代半ばに行われた青森の価値モデルについて。

◆◆◆

 旧版たる青森・ツクダ版は1990年発売の古いゲームです。
 当時はまだTRPGがまだ新型MWGとして、SLG愛好者の間でプレイされていた時期でした。やがて90年代中ごろまでにはゲーム総合情報誌、ライトノベル誌などでの販促によってTRPGが物語文化のプラットホーム的立場になると、青森もライト寄りのファンタジーTRPGとして定着するようになりました。

 この時代、伏見氏は青森をTRPGだけではなく、小説版、コンシューマーゲーム版(PCエンジン)、読者参加ゲーム版とマルチメディアとして展開していきました。しかも読者参加ゲームが草創期、コンシューマー版が過去、TRPG版が現代、小説版が未来とシュリーウェバの世界観を分離しての活動です。
 つまり、『ロードス島戦記』がリプレイ小説から小説版、アニメ版へと販路を拡大したの同じ角川メディアミックスの手法を取ったのです。

 ただ、ロードスは水野良氏の小説と高山浩氏のリプレイ小説の2枚看板であったのに対し、青森は伏見氏の個人ブランドである以上、伏見氏個人の活動の範囲で展開していきました。
 
 だが、個人の力でメディアミックスを仕切るには、規模としては個人商店レベルであり、伏見氏以外にゲームデザインに関わる人間がいなかった以上、伏見氏が活動を終えれば青森もまた生産終了品となる運命でした。
 現在、小説版は古書を探すしかなく、読者参加ゲームやコンシューマーゲームでどのような展開がなされていたのか、詳細な記録を探すのは1ゲーマーの手に余る作業です。

 要するに、2009年現在青森がどのようなゲームなのか改めて知ることができるメディアはほとんど残っておらず、2000年以降に参入した遊び手は青森がどんなゲームかを事前に知ることはまず無理だということです。そして青森はメディアミックスによる販促で好きになった遊び手たちの支持を基に価値モデルを作っていたゲームです。

 ゲームシステムとしての青森はサプリメントでも際立ったシステム拡張をせず、終始ベーシックルールを踏襲した遊びに徹底していました。代わりに世界観は歴史の縦軸をベースに拡張を広げ、ゲームとしてより物語再生装置としての幅を広げていきました。

 これによって、青森のプレイスタイルはシステムの工夫よりも物語を体感することを楽しむ方向に進み、GMが物語を披露しプレイヤーがロールプレイを披露する歓談の道具として支持されるようになったのです。

 言ってしまえば、青森は「青森の世界が好き!」という愛好者が集まって、シナリオを肴に青森世界を楽しく語り合うのがプレイスタイルのゲームだってことです。

 青森の世界を好きになる手段に乏しくなれば、自ずとゲームへの魅力を失うわけで、残されたTRPGのルルブを見ても今となっては同人TRPGと大差ない六日の菖蒲とも云えるベーシックルールでしかありません。

 もう一度、伏見氏が青森の世界でブームを起こさない限り、旧版青森が脚光を浴びることはなく、このままでは『パワープレイ』同様、使命の終わったTRPGとして記念碑にのみ残る作品となってしまいます。
 
◆◆◆

 TRPGがファンタジーメディアのプラットホーム的な立場を失った現在、TRPGをプレイする人たちは単体の趣味文化としてのTRPGを支持している人です。
 TRPGにはTRPGならではの魅力があり、例えば「本来はラノベが書きたいけど、文章力がないし表現者の気分を味わうだけでいいから」など言った他の期待感を満たすための道具とは思っていません。やはりゲームとしてのTRPGを支持し、イベントとしてのTRPGコミュニティに参加しているのです。

 現在現役のTRPGはそうしたプレイ環境に適応し、販促に期待しない作りをしている作品ばかりです。いきなり参加してもTRPGそのものが好きな人ならば順応できるよう、世界観を体現できるゲームシステムを多く搭載したゲームが主流と言えます。
 青森も現代のプレイ環境に沿った、あるいは次世代を見据えたデザインにリニューアルすれば、再生する可能性は十分にあるでしょう。

 だが、一番のネックはやはり青森がまだ伏見氏の個人ブランドであり、現在も伏見氏待ちの状況だってことです。個人ブランドのゲームは様々な人間のイマジネーションを包括するだけの母体がないだけに、迂闊に独自活動しづらい所がありますからね。

 もし僕が自分のプレイ環境でも適応できる改良版を作ったとしても、それはあくまでもフリーシステムである2DRシステムを基にした「青森っぽい」ゲームであると、こっそり身内で楽しむ程度に留まるでしょう。

◆◆◆

追伸:はてなキーワードにおいて、グランペール版青森の情報は未記載です。僕ははてな市民ではないので、どなたか記載していただければ幸いです。


posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。