2009年04月27日

MOEシステムだって!? そんなことより数値修正をだな… 〜あまり推奨しないエンゼルギア2ndのプレイ前批評〜

 『エンゼルギア 天使大戦TRPG』の2nd Editionが発売されました。
 Melma!で活動していた時代に珍しくプレイ前批評をして、その後プレイして大いに触発された思い出深いゲームなだけに、いつかこの2ndもプレイしたい所。

 んで、1stをプレイした時の相棒は伊音だったんですけど、クーデレさんな伊音さんのデレシーンである「角(デコ)を触られて照れ怒る」がダーザインLv3から4に格上げされてるんです今回。
 システム面の変化はまだ分からないけど、そんなことは人に聞けばいい…。旧版の批評で「公式NPCとちちくりあうゲーム(そんな表現使わなかったけど、まぁそんなこと)」と評した僕としてはこの微妙な変化に興味が湧くのですよ。全体的にケシカラン度も上がってるし。

 いや、このゲームは戦闘に詳しくなることよりも、ちちくりあいの方が大事だと思いますよ。他のゲームでも似たようなことはいくらでもできることと、他のゲームでは味わえない独特のシステムとでは後者の方が興味津々。

 もちろん、読者の皆さんはちちくりあいなど目もくれず戦闘で卓を圧倒する研究に専念していただきたい。Yes、間違っているのは僕1人。戦力としての性能こそがTRPG第一。マンチキン誉め言葉。セッションは戦闘コマンドを研究し尽くし、最も優れた数値修正を弾き出した者が勝ち誇るだけに存在するのである…!
 ……いや、そんなお調子者がいないと知識盗めないし。
 
 AGはアガペーの規定値オーバー=退場というシステムですから、競技ゲームとしてはなるべく特技の使用のためにアガペーは抑えておきたい所。だけどシーンに出てよいロールプレイをしないことには強化ルールの源たるパトスチップが獲得できません。
 だから、そのシーンで確実に絡めるPCのみが登場してソロでロールプレイをし、シーンの演出から空気になってしまうようなPCをなるべく登場させないってのが賢きアガペー制御術になるでしょう。AGは他のF.E.A.R社ゲームのシーンよりも独演が多くなります。
 んで、何がよきロールプレイになり、何がPCを空気にしてしまうかはシーンに登場しているNPCとの関連性の深さ、NPCへの発言する権利の重さによって決まるかと。逆に言えば、NPC1人との関わりはPC1人が独占するのが望ましいということでしょう。
 当然ながら、PC同士の関わりもなるべく省略……システムとしては処理しないテーブルトークで消化するようにしなくちゃならないでしょう。これはプレイヤー同士がロールプレイを掛け合う機会はあるべきじゃないって方針が根底にあるのかもしれません。

 AGをNPCとちちくりあうゲームと評したのは、このゲームはNPCというイメージ相手にプレイヤー1人1人が独演する立場の中でどうロールプレイをするのかが攻略の鍵だと目しているからです。

 それでも数値修正こそが正しいTRPGである、NPCとちちくりあうなど痛い真似はしたくないという方は多かろうと思います。僕も推奨プレイとは言いません。
 
 つーか、みんなちちくりあいに期待して伊音さんの奪い合いになったらどうするんですか。みんなが戦闘性能だけを考え、秘伝の数値修正を見せ付ける。僕1人MOEに走って伊音さんとちちくりあう。みんなは帰宅して1人どうしようもなく痛い奴がいたと己の武勇伝に新たな1ページを加える…。
 僕が手に入れるものは…言うまでもないでしょ。


posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。