2009年05月25日

5時に終わるゲームと7時に終わるゲーム 〜TRPGにおける終了時間のズレ〜

 メインPCが悲鳴を上げています。
 3年半ですからDellのスリムにしてはよぉ頑張ったかなと思いますけど、逆に言えばうるさいと評判のDimension 5150Cをよくまぁ3年半も我慢して使っていたなとも。
 今年に入ってDVDドライブが壊れたので、HDDが無事なうちに買い替えをしなくては…。

 そろそろまた新しいゲームでGMがしたくなりました。
 去年はアヤカシを何度かしましたけど、今年はまよキン、シルバーレイン、エンゼルギア2ndあたりが自分としてはやりやすい位置にいるのかなぁ。
 だが、確かに面白いゲームなんですけど、プレイヤーとして1つ共通した問題を感じていて、GMやるとならば工夫の必要性があるのですよ。

 それは終わるのが早いということ。

 それぞれ理由は違うけど、戦闘以外のパートが比較的淡白……余計な遊びをせずとも十分楽しめるので、その分時間が短縮されるのです。まよキンは表振ってるだけでハチャメチャな展開楽しめるし、シルバーレインはアクトワードを使いこなせばロールプレイへの欲求がほぼ解消する人がいてテーブルトークが少なめになる。エンゼルギアはNPCとの2人芝居がテーマだし。
 要するに3作とも結構無駄がない。
 ロールプレイでキャラクターを表現したいという欲求がシステムを運用するだけでもかなり解消されるので、プレイヤーは脱線しようとせず、むしろ展開を早送りにする傾向があります。

 下手すると、4時半〜5時というコンベンションでは中途半端な時間にセッションが終わってしまいます。コンベンション閉会は大抵が6時なので、他の卓より1時間以上も早い解散をすることとなります。他の卓がクライマックスで白熱している中、閉会前にそそくさと解散するのは、そんなにいい気分ではありません。

 この3作でGMをするなら、1時半スタートとして6時前後に終われるよう4時間半をうまく使いきれるよう時間配分を考えなくてはならないでしょう。2時間の軽いシナリオを2作とか。

 ともかく、昨今のコンベンションではあるゲームのおかげで全卓終了は遅れがちになるので、そのゲームに合わせれば遅すぎるということはないかもしれません。

 その遅くなりがちなゲームと云えば、ずばりアリアンロッドです。

 ともかくARAはスタートが遅いしゲーム終了も遅い。
 とみに「今日はシナリオを持ってきていません。ダンジョンアタックをします」などという卓は閉会後も撤収寸前まで粘っていることが多々あります。閉会式後にクライマックス戦闘始まるよって卓もあったりして、お前らどれだけ頑張ってるんだよと。
 結局、ダンジョンアタックともなれば全員が時間の許す限りキャラクターの性能を練り上げ、ベストな戦力で臨もうとするからキャラメイクに時間がかかる。D&Dほどには死にやすいゲームではないのに、GMがシビアで容赦なくとどめ刺しますよとするから、みんな行動が慎重になるくせにしぶとい。

 クイックスタートにしますって言ったら卓が立たないという愚痴も聞いたことあります。それくらい、やるからにはガチがいいって人が選ぶゲームってことでしょう。

 そんな調子だからARAの立つコンベンションで6時にきっちり全卓終了することはARA卓パーティが迂闊でない限りまずありません。

 んで、時間ギリギリまでダンジョン漁りした挙句疲労困憊のARA卓の人たちしか撤収を手伝う人がいなくなる……残りはみんな6時に終わって解散……のも、コンベンションを運営する側からすれば不公平なことなのかもしれません。

タグ:TRPG
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120158887

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。