2006年08月07日

山崎邦正vsモリマン戦を大晦日に観たい!

 昨日のHero's観てそう思いました。とくに最後の桜庭戦は勝敗以前に、運営側の杜撰さが浮き彫りになった試合です。打撃もらって半失神した時点で止めなければダメでしょう。レフリー、ジャッジ、セコンド、ドクターすべてがまともに機能していませんでしたね。最初なんか、格闘技を食い物にしているとしか思えないほど信用が失墜したTBSの意図が働いているかと思ったぐらいです。
 谷川プロデューサーに関しては僕がとやかく云うまでもないでしょう。  「何かあった」時に現在ふじみ野市が糾弾されているような「危機管理意識」というものを真正面から受けるのはこの人なのだし。

 総合格闘技はプロレスと違って加減利かないんだし、選手だってプロレスラーと違って興行者としては素人なんだから、「何かあったら」という事態は十分起こりえる。いくら桜庭がプロレスラーだと云え……人の価値観はそれぞれだけど、僕からすれば桜庭や美濃輪育久なんかは本家プロレスからはもう十分距離を置いている選手なのだし、体質もプロレスラーとは違っていると思うんですけどね……、打撃を耐え忍んで反撃するスタイルこそプロレスなんだというプロレス風の観方をしててはダメでしょう。
 
 力道山じゃないんだからさ。

 今回のHero's、結局は桜庭が「生きている」ことに救われた感はあります。もちろん、深刻なダメージを受けたことには間違いなく、何事もなかったわけではないにしろ、「運悪く殺人現場を目撃してしまった哀れな視聴者」にならずに済んだのは幸いです。
 当然、受け入れがたきヒヤヒヤした思いをさせた運営側には不信の目を向けざるをえないのですけどね。

 だから、この時期に山崎邦正vsモリマン戦をやってくれた日テレに今回は軍配を上げようかと。

 ぜひ大晦日でもやってください。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。