2007年01月25日

ホビットがいかに小さいかを実感する

 今日はSVR2007発売日。だけどXBOX買うのを戸惑ってる僕がいます。
 今週加湿器を買ったものですから。今年はもう乾燥し過ぎ。

 新年早々TRPG業界は衰退しているのかなんて重たい話題が賑わっているので、僕はあえてそういう話題には踏み込まないことにします。こういう祭りだと煽ったもん勝ちになりそうですしね。

 今日はホビットの話。

 ファンタジーTRPGではエルフ、ドワーフ、ホビットが三大異種族として君臨しています。『D&D』がウォーゲームの背景として『指輪物語』を取り入れたのが事の始まりで、やがて指輪に影響を受けたアメリカ人が多く参入するに従って、ファンタジーの聖典としての指輪がファンタジーTRPGの「原作」となり、指輪をどこまで再現できるかがTRPGの商品価値みたいなものになっていきました。
 わざわざハーフリングと名前を変えてまで、指輪の主人公種族であるホビットを出さないわけにはいかなかった……。それくらい指輪の影響力は当時のアメリカには大だったようです。

 これに、『D&D』に影響を受けた『ウィザードリィ』によってノームが追加され、人間を含めたこの五大種族がファンタジーTRPGにおける定番種族となっていきました。

 さて、『D&D』誕生から今年で31年。
 TRPGゲーマー内における指輪物語への需要はどうなっているのでしょうか。
 こと日本においては、ファンタジーTRPGならば必ず指輪物語を踏襲しなければならないという状況ではないと思います。指輪は数あるファンタジーの1つでしかなく、むしろドラクエやFFのようなゲームメディアの方がファンタジーの「原作」として優先されているのかもしれません。
 あるいは、『ロードス島戦記』などのTRPG母体のファンタジー作品によって、今のTRPGゲーマーはエルフやドワーフといった存在を「元はファンタジー小説にあったものをゲームで再現している」とは思わず、始めからゲーム世界の設定として認知しているのかもしれません。

 もし、今のTRPG業界にとって指輪物語を踏襲する必要性は薄れていると仮定するならば、アニメ互換によって生き残れるエルフはともかく、ドワーフやホビットはファンタジーTRPGから消える運命にあるのではないかと僕は考えています。

 日本のファンタジーTRPGは美少女ゲームの影響が強くあります。
 エルフやドワーフと云った指輪種族の他にオリジナルの種族を作ろうと考えた場合、アメリカ人はハーフオーク、トロール、ゴライアスといったガタイのあり戦闘に有利なマッチョ種族ばかり考えます。
 多分、WWEの影響かも。

 だが、日本人がまず手を出すのがネコ耳、天使、自動人形。まず美少女キャラとして通用することが必須条件になります。TRPGデザイナー自体が美少女ゲーム業界との関わりが強いし、TRPGゲーマーと美少女ゲーム愛好者との互換性は高いだろうと踏まえてのデザインなのでしょう。
 
 そこのあなた。
 『戦国ランス』やりながらウチのBlog読まないように。
 こっちで上杉謙信といったら『戦国無双Empires』ですからね。闘争愉しんでます。池田重成とか田村清頼とか長続連とか、マイナー武将ばかりが僻地にいるばかりに最強キャラになるあのゲームです。
 ちなみに現実の上杉謙信にも女性説があるとのこと。

 話をホビットに戻します。
 前書きの説得力はともかく、僕の身の回りではホビットをやる人はとんと見かけなくなりました。『D&D』でも人間8割でたまに狙ってエルフとハーフオーク。ノームなんて、どこに行っても「ノームのPCやる人とは初めてですよ」と云われる始末。7割がた消えかかってる存在です。

 ホビットはノームと違って、不人気。
 2D6で1さんの記事ほど過激な拒否反応ではないにしろ、一様に「絡みづらい」と思われるふしがあります。ホビットそのものが、受け狙いの奇抜な行動と場を読まないお笑い芸人のような発言ばかりするルーニーな種族であるという認識が強くこびりついています。
 
 まとわりつかれるとこれほど迷惑な連中はいない。
 まるでヘタリア人のように……!
 
 伝統を重んじる身としてはこのままホビットが汚名まみれでTRPGから消えるのは忍びないわけで、なんとか日本のTRPGでも生き残れるようにしなければと考えるわけです。

 そんなわけで、考えたのが「エルフ的変化」とも云うべき、美少女ゲームに登場できるようホビットを再設定することです。
 そこで……、

 攻略キャラクターが全員ホビットのファンタジーAVG

 なんてのはどうかと思い立ったわけです。
 異種族ですから成人しても90cm。
 双子ありツンデレあり委員長あり。全員ホビット。
 
 ……すんまへん。バカです。
 いわゆるホビットと呼ばれる種族の平均身長は『D&D』や『パワープレイ』によれば約90cm、平均体重は約20sとのこと。実は身内に子供ができるまでこの大きさに実感が湧きませんでした。
 ……人間だと3歳児くらいなんだそうで。

 こりゃちちゃい娘だぞ萌えろとはいきませんな。
 ちなみに大きなお兄さんが喜ぶ10歳児の平均身長は文部科学省によれば140cm前後とのこと。そんなに伸びるもんなんですか。これではエルフの平均身長……『D&D』だと135cm〜165cm……と大して変わりがないではないか。

 ここで、いわゆるアニメやゲームに出てくる低身長美少女の身長はどのくらいあるのか、データがあるものを提示しましょう。

デ・ジ・キャラット(ブロッコリー社マスコット):143cm
芳乃さくら(『D.C.〜ダ・カーポ〜』):140cm
周防院奏(『乙女はお姉さまに恋してる』):140cm
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(『Fate/staynight』):133cm
美浜ちよ(『あずまんが大王』2年次):133cm
観月しおり・さおり(『はじめてのおるすばん』):133cm
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル(『ネギま!?』):130cm
高町なのは(『魔法少女リリカルなのは』とらハ3でのデータ):129p
鳴滝風香・史伽(『ネギま!?』):128cm
河合砂沙美(『魔法少女プリティサミー』):125cm
ミント=ブラマンシュ(『ギャラクシーエンジェル』):123cm
ホシノ・ルリ(『機動戦艦ナデシコ』):122cm
イリス・シャトーブリアン(『サクラ大戦4』次):121p
草鹿やちる(『BLEACH』):109cm
 
 ダメだ。
 みんなホビットとしてデカすぎる。
 あの剣八兄貴の肩乗り女房であるやちるですら、ホビットの成人男性より背が高いのです。

 やっぱり美少女化は無理か……?
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | TRPG雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。