2007年02月03日

努力したってアテが外れればくたびれもうけにもなるさ 〜BLIND GUARDIANライブ感想〜

 世の中、期待して特訓したのに役に立たなかったことってありますよね。
 今日はそんな話。TRPGの話ではないです。

 今日は、はるばる渋谷、C・Cレモンホールにて開催されたANGRA&BLIND GUARDIANの合同コンサートに行ってきました。ご存知の方も多かろうかと思いますが、BLIND GUARDIANは『指輪物語』などのファンタジーを題材にした歌で有名なハードメタルのバンド。TRPG界隈にもファンは多くいます。僕自身もTRPG仲間から教えられてファンになりました。

 今回は新譜、『A Twist in the Myth』発売から約半年ということもあって期待感大。仲間を誘って喜び勇んで会場入りしたわけです。
 しかし、僕はANGRAの方……こちらも有名なブラジルのメタルバンドです……に関してはほとんど知りません。メタル系バンドともなれば、どこのバンドも歌詞冊子の解説文に、「○○との合同ツアーを経験」とか書かれているわけで珍しいことじゃないんだろうけど、その片方を知らないってのはちょっとマズいんじゃないですかねと思ったんです。けど、ANGRAも歴史あるバンドなだけに出してるCDも数が多くて、どれを聴けばわからずじまいでして。

 そんなわけで、コンサートの前半はひたすら初視聴。
 ANGRAの皆様方、そしてANGRAファンの方々には誠に申し訳ありません。
 1から勉強します。

 ……さて、申し訳ないですけどここからは後半、BLIND GUARDIANの感想に入りますけど、具体的な曲目まで触れます。一種ネタバレになりますので、これからツアーに参加される方は「続き」以降は秘するが華です。

 今回は初のホールによる観賞ということもあって、ライブ感にはいまいち欠けるところがありました。やはりメタルはライブハウスで聴くのがいいと僕は思います。それでも、久しぶりにBLIND GUARDIANの生を聴けて満足しています。
 もう帰るのがキツくてキツくて……。
 
 そんなわけで、2月13日、SHIBUYA-AXにて観賞される方、会場には僕もいますのでよろしくです。
 

  ANGRAの出番が終わり、休憩を挟んでいよいよ後半。BLIND GUARDIAN(以下ブラガ)の出番ですけど、もう前半でバテバテ。齢ですかな。
 会場が暗くなり、流れるは『Nightfall in Middle-Earth』のオープニング、『War of Wrath』。会場は一気に湧きます。確かにブラガのオープニングとして最もふさわしいオープニングですけど、これをやられると次の曲も決まってしまうわけで……。

 そんなわけで最初の曲は『Into the Storm』。
 その後も、『Curse of Feanor』、『Nightfall』と、『Nightfall in Middle-Earth』からの曲が続きます。ちょっと待って。

 4曲目には『Imaginations from the Other Side』より、『Script for My Requiem』。う〜む。

 つまり最初の4曲は新譜のシの字もなし。
 それどころか、新譜の前に出された『A Night at the Opera』もなし。
 うぬぬぬぬ?

 そんなわけで5曲目にしてようやく新譜の曲が……『Fly』……!
 ちょっと待って! 『Fly』は先行シングルが発売され、いわば新譜の目玉曲です。そんなんをこんな半ばで使っていいの? 
 なぁぁぁぁっ!

 んで、その後も『Mordred's Song』とか古い曲とか歌って、『A Twist in the Myth』のツの字も出ないまま、ライブは占めの曲。
 『A Night at the Opera』から『And Then There Was Silence』。14分もするブラガの代表曲です。ただし、これは前回のライブでも占めでした。

 一端メンバーが引き上げ、アンコールに応えて再登場。
 これも代表曲、『Imaginations from the Other Side』をやります。この曲はすっかりアンコール用曲です。
 そして、ブラガのライブには欠かせない聖歌、『Bard's Song』(『Somewhere Far Beyond』収録)がここで登場します。静かな音調であるこの曲は、ファンが熱唱することがブラガライブの慣わし。ベスト盤、『Forgotten Tales』にはわざわざファン熱唱のライブ版が入っているほどです。

 ……う〜む。
 
 実は今回、『A Twist in the Myth』には第2の『Bard's Song』を目指したであろう『Skalds and Shadows』という曲がありまして、今回ライブに参加するにあたって、この歌は必ず熱唱するとふんで、カラオケで特訓したんです。
 ……見事にハズレ。新譜からは『Fly』のみでした〜。

 んで、最後は『Mirror Mirror』で占め。
 『Nightfall in Middle-Earth』のメイン曲なんですけど、前回もこれでしめたような気が……。

 今回はなんだか新譜とは関係ないツアーになっているような気がしてなりません。前回から今回までの間にドラムのトーメンが脱退し、新しいメンバーで新しい活動をと決め込んだわけで、事実『A Twist in the Myth』は従来とは異色の音調なんですよ。だから新生ブラガをアピールするかと思ったんですけどね。
 やはり、ブラガ=『Nightfall in Middle-Earth』なんでしょうか。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。