2006年03月02日

戦国無双2で指を痛めました

 夜毎『戦国無双2』をやってるのでコラム書きサボッてるのはおろか、とうとう右手親指の付け根が悲鳴を上げる始末。久方ぶりのアクションゲームなので指が慣れていません。

 前作と猛将伝のデータがあったのでハナから本多忠勝使用可能。したがって最初も忠勝でプレイ。順調に進めていったんですけど、関ヶ原の合戦で井伊直政と福島正則が秒殺されて中央の戦線が早くも崩壊。毛利も小早川も裏切らず、全員斬り捨てて終わりという惨憺たる結果に呆然。
 まず安国寺恵ケイを斬って毛利・吉川を裏切らせ、その後ギン千代の出鼻を挫いて、寺沢広高のラインまで迫った中央の敵を倒しまくる。一通り倒したら松尾山で長束正家、長宗我部盛親を倒して小早川を裏切らせる。そして島津と宮本武蔵を倒して本陣突入。左近と光成を倒してハッピーエンド……というのがとりあえずの攻略順なのかな。
 ……疲れた。
 この前のPendragonセッションも8時間ぶっ通しで喉枯れたけど、これもまた疲れる。

 とりあえず忠勝のみクリアしての感想は、味方武将がすぐ死ぬってこと。
 忠勝が三方ヶ原、杭瀬川と史実では捨て駒として死んだ武将が多く出た合戦ばかりだからそう思えるのでしょうか。多数の雑魚敵を斬る爽快感も、今回はうじゃうじゃ湧き過ぎててウザったいですし、忍者が結構イライラします。とみに土ん中潜る奴。

 こういう斬りまくりゲームが色々ある昨今、『戦国無双2』は爽快感と労力とを天秤にかければ労力の方が上回るゲームでしょうか。雑魚敵を潰しまくる爽快感を楽しむゲームではなく、戦場を効率よく巡ってボス敵を倒していくミッション攻略主体のゲームだと云えましょう。
 
 そういう意味では、爽快感を求めてプレイする人にはストレスが溜まるかもしれません。
 放っておけばどんどん味方武将が死んでいく状況に、思わずクソゲーだと罵りたくもなるでしょう。
 まぁ、そう叫んだ所で返す刃の「クソゲーと叫ぶ奴は未熟者」が飛んでくるのですけど。
 その辺の事情はTRPGとて同じことで、『イサー・ウェン・アー』でも『マイトレーヤ』でもやりこみもせずに1、2回プレイした程度でクソゲー呼ばわりするな未熟者めと訳知りな人は云うものです。たとえシステムにどうしようもない欠陥があろうとも自分で改変できてしまうほどTRPGはカスタマイズが簡単なゲーム。カスタマイズを重ねて……システムの改変はもちろん、プレイ仲間の意識も改革する……なんとか遊べるように調節するのがゲーマーの腕の見せ所じゃないのかいという気風を多くの人が持っています。

 だけど最近では、「クソゲーと叫ぶ奴は未熟者と叫ぶ奴は時間が有り余っているニート」というカウンターもありますからね。昨今では「やりこみ」する人が自己顕示のために掲載した攻略情報をサクっと仕入れて、やりこみ派よりも少ない労力で美味しい果実を得ようとする人がスマートだってことですかね。

 最近はTRPGの論考をする人が増えてきて、TRPGの情報に飽和している人も出てくるでしょう。日々TRPGに関する情報が手に入りにくいからこそ論考記事にも興味がいくものでして、情報が溢れている状態では、パニックを防ぐために情報を遮断する方向にいくかもしれません。
 「もうたくさんだ。論考なんかちっとも役に立たない。見るだけムダ」とね。

 確かに論考記事がストレートに、その人のプレイを上達させはしないでしょう。
 それはアクションゲームの攻略法を見ても、それだけでゲームがクリアできるとは限らないのと一緒です。むしろアクションゲームの攻略法とは「このルートで進めばゲームは高いスコアでクリアできます。ただし、このルートでクリアできる程度の技量が必要です」という性質のものです。前述の関ヶ原でも中央の敵にまごまごしてると小早川が裏切らず、かなり疲れる戦いを強いられます。

 TRPG関連の論考も然り。
 論考が役に立つか立たないかは、読み手の環境や技量によって変化するものです。
 あるゲームを通しての論考をして所で、そのゲームをプレイしていない人には役に立たない。コンベンションでのプレイ技術を論じた所で、いつも友達としかプレイしていないガラパゴス環境の人には用はない。TRPGの普及と発展のために啓蒙活動をしても、現状に満ち足りている人には騒音でしかない。
 
 必要と思わない人には馬の耳に念仏だってこと。

 「僕はA君とB君とC君とでプレイする○○さえ楽しめればそれでいい」って人も多い……つーか、それが普通だと思います。念仏を聞かないから馬は愚物だって思うんでしょうけど、世の中みんな馬の耳です。諦めというより、書き手の過信を戒める意味で。当然、自分にも。
 
 過信を戒めるとあるけど、僕も30になってどうも「やりこみ」ではいられなくなったという事情があります。実際の忙しさもさることながら、意識的にも「やりこみ」はゲーマーとして最上の価値があるのか疑問に思うようになったんですよ。
 プレイ経験を重ねることも、知識を研鑽することも、論考を続けていくことも。
 もっとスマートな方法はないのだろうか。

 そこら辺の不安は、RPG日本の馬場論スレでJanus氏が見事な指摘をしているので引用します。

3.RPGは努力次第で長期間楽しめるゲームである。
 是・・・だとは思う。だが社会人や家庭人になることで、RPGに割ける時間や気力の量は自然と限られてゆく。プレイ量が少なくなる人もいれば、出世や結婚のための労力を切り捨てる人もいるだろう。ベテランゲーマーと自負する人であれば、誰もがそうした苦労を抱えているはずだ。
 一人がRPGを長期間楽しむためには、少ない努力で効率よく楽しむ方法や努力せずとも楽しむ方法の研究が必要だろう。あるいは逆に、「一部のマニアを除いては、一定期間で卒業するもの」と割り切るべきかもしれない。


 30になって、時間と気力・労力が有限であることを知った現在、僕はこれからもTRPGを長くプレイするにはどうすればいいのか……選択肢は3つ用意されています。

1.少ない努力で効率よく楽しむ方法や努力せずとも楽しむ方法の研究
  問題点:時間や労力に余裕がある若いゲーマー層、及びライフワークと決めているマニア層からの反発。ロートル扱い。

2.「一定期間で卒業するもの」として身を引く
  問題点:リタイアを意味する。

3.マニアになって今後も「やりこみ」を続ける
  問題点:ストレスとの戦いになる。

 結局僕は1の道を選択したわけで、そのために「プロゲーマー志向」とも云うべき、「時間があれば一本でも多くの映画を観て、一冊でも多くの本を読もう」という馬場秀和氏のライフワーク的手法とは別の道を模索しているのです。

 『戦国無双2』も最後の隠しキャラである宮本武蔵まで出すのはそうとうやりこまないとダメでして、そこまでやりこめるのもおそらく全購入者の1割程度でしょう。そこまでやりこむ達成感と労力とを天秤にかけて、はたしてそう達成感に流れるのかなという疑問があります。
 
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(1) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

TRPG工場からお帰り

 今週末にもPendragon 5thのGMに初挑戦するので士気は日々上がっています。
 されど、にぁあ氏の書簡は看過できないので返答します。
 だけど前々回にて白河堂氏に答えたのと内容はほぼ一緒。
 
 そもそも、「TRPGの知識が実社会の役に立たない」などとは名言も示唆もしていません。
 これも明らかににゃあ氏の誤解から来る妄想。妙な虚像を作らんでもらいたい。

 いいですか。説明し直しますよ。

 TRPGで優れた見識を発揮することは、「TRPGに上達すれば、現実における知識見識もそれに伴って上達する」ことには結びつかない。実際には、人生における一状況に過ぎないTRPGプレイの場に合わせて情報を編纂し直した「ネタ」が発揮されているのであって、そのネタが他の状況でも役立つとは限らない。
 どんなに幅広い知識がバックボーンにあろうとも、「TRPGに役立てるため」という基準に従い、自らのプレイ環境に合わせて情報を取捨しているわけで、知識のすべてがTRPGに動員されているわけではない。


 後は前々回と一緒。
 「TRPGが他の人生経験と比して学習効果に優位性がある」という考えを否定しているのです。批判対象は、「TRPGやってて他の人よりも知能・知識が優れた」と勘違いした碩学ゲーマーや、それを期待する「やりがい」志向のゲーマーです。彼らは実社会の一部であるTRPGを、TRPGこそが他の人生経験に勝る「勝ち組の選択」であると勘違いし、あるいはそうであってほしいと願っているのです。

 TRPGやってるから勝ち組だなんてことは絶対ないです。
 TRPGやらんから負け組だなんてこともない。
 「TRPGは実社会の役に立つか否か」など、肯定派も否定派もバカは一緒。TRPGのプレイもまた実社会での行動なのだし、むしろ「実社会の経験はTRPGの役に立つか」と考えるのが自然です。
 まさか「TRPGをプレイしている時、私の魂はグレイホークへ飛んでいる。だからTRPGのプレイは実社会ではない。然るに、TRPGのプレイ時と実社会とは無縁であり、私はゲームで知った知識が現世において有効か否かを確かめる必要がある」などと考えてはいないでしょうか。いくらTRPGが仮想世界を扱うゲームだからと云って、それはヴァーチャル・トリップであって、傍目には電波な発言です。
 
 僕はヴァーチャル・トリップなどせず、実社会の中の一社会事業としてTRPGを考えています。さればこそ、社会事業に携わる者の立場からTRPGの紳士協定を制定したのです。「TRPGの楽しさを伝える」などと、実際はどれほどの活動をしてきましたか? 甘い蜜を流し続けただけではないでしょうか。

 僕らはウィリー・ウォンカじゃあるまいし、何気なくTRPGの本を手に取った人を不思議な TRPG工場に連れて行ってるワケじゃないです。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(2) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

やばい。時差(版差)ボケが…

 Pendragon 5thが届きました。
 所有者の多くはGreen Knight社の4thを所有してるでしょうが、僕が以前から所有していたのはChaosium社の3rd。TRPGゲーマーたるもの骨董趣味では動かないので古い版を持っていたからと云って偉くはなく(新しい版がどうしようもなく出来が悪ければ別)、やはり僕の持ちえる情報は古くなっています。ここは精読してブランクを埋めないことには…。

 ……。

 うへっ。
 キリスト教かペガンかを選べって…。
 3rdじゃキリスト教だけでしたのに。しかもキリスト教自体も英国式とローマ式とが別箇に設定されてるし(英国式は貞潔・勤勉・寡欲・謙虚・貞節だが、ローマ式は貞潔・寛大・情け深い・謙虚・貞節)。
 
 うがっ。
 弓がnon-knightry(騎士にふさわしくない)技能じゃない。
 「騎士は戦闘では弓は使わないけど、狩りではよく使う」だって。
 確かに鹿を相手にランス突撃したり剣を抜いたりするのは間抜けでしたけど、弓使ってOKなら狩猟はどうなっちゃんだろ。わざわざ技能執る人はいないだろうけど。

 うほっ。
 ソールズベリーの君主がロバート卿ではないっ。
 誰…Sir Rodarikって。ロバート卿はいずこに…。
 …Young Robert(Glory:0)。「ソールズベリー伯の息子にして相続人が昨年生まれました」だそうで。ロバート卿が突然ロバートちゃんに。

 うぅむ。侮れない。侮れないぞ5th。
posted by 回転翼 at 18:08 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

Shogun Yoritomo GENJI 〜Pendragon 5th注文〜

 『Pendragon 5th』を注文。
 RPG日本でGMするかもと云った手前、どうにも虫が納まらないので。
 Pendragonはアメリカだとヴァイキングや三国志に転用して遊んでいるというのは見聞きしてますけど、日本を舞台とすると何時代が一番合うのでしょうか。
 一番合致しそうなのは鎌倉時代ですけど、鎌倉武士のメイン武器は弓(Pendragonでは「騎士は使わん」と名指されている)。するとランス突撃の替わりに流鏑馬。それはそれでさまになります。ただ、その次に来るのが馬上組み打ち(いわゆる騎馬戦)で、さらに落とした敵と取っ組み合いをして腰刀でとどめを刺すってのが戦いのセオリーだったようで。

 そう云えば、取っ組み合いを通常の戦闘行動として取り入れているTRPGって何かあるでしょうか。バーリトゥードが総合格闘技と呼ばれる以前から寝技の攻防ってのに格闘技ファンの血が騒いでいた身の上としては、ナイフ片手に取っ組み合いをする戦闘をTRPGでもやりたいんですけど、それをスマートに再現するシステムには出会えてません。
 つーか、そういう戦闘をやりたいっていうゲーマーにも会ったことないです。

 まぁ、すべてはPendragonが届いてからの話。
 まずは史実通りの(笑)Pendragonということで。

追伸:こんなの見つけた。
カムリ人の名前はウェールズ準拠でいいかと思ってたけど、探せば見つかるものですな。

Male Cymric names(英文)
  
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

なんて過酷な年末なんだ

 どうもこんにちわ。
 これが2005年最後の記事となりそうです。
 ですが、今日の僕は大変疲れていますのでコラムをまとめる気力がありません。
 まぁ、この歳ではコミケで壁サークルの売り子を手伝うだけでも肩が痛い腰が痛い膝が痛いわけなんです。

 それ以上に、年末年始は過酷そのものです。
 ただ今実家に一族が集っているんですけど、今年は生後間もない赤ん坊がいるもんですから実家で使える電力の多くを赤ん坊の保育・暖房器具に回されてしまってます。
 然るに、僕の部屋は暖房・照明・電気機器使用不可(ブレーカーが落ちる)。布団から出られず、とほほな年末を過ごしています。この記事も携帯電話からです。

 今年は年末だからといって感慨深くなるようなことはないです。
 まぁ皆さん風邪引かずに。
 ベルスポのがちゃさん、コミケで会えなくて残念です。リプレイ本、読ませていただきます。隠密の皆さんも意外とソフトな方々でした。RPGの壁、遠慮なく批評させていただきます(やるのかい)。

 それでは皆さんよいお年を。
posted by 回転翼 at 23:36 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

今度はだましきれなかった 〜エディ・ゲレロ急逝〜






訃報“ラティーノ・ヒート”エディ・ゲレロが急逝=WWE

 WWEで“ラティーノ・ヒート”として知られるスーパースター、エディ・ゲレロが現地時間13日朝、滞在先の米国・ミネソタ州ミネアポリスのホテルで急死した。享年38歳。エディはこの日の夜に開催されるWWEの大会に出場予定で同地に滞在していたが、モーニングコールに応じないため不審に思った関係者が部屋に入ったところ、すでに亡くなっていたという。死因については現在のところ不明で、現地時間の翌14日にも司法解剖が行われる予定。
 エディ・ゲレロは2004年2月にブロック・レズナーを破りWWE王者となっており、2005年初頭にはレイ・ミステリオとのコンビでWWEタッグチームチャンピオンに輝いている。またエディはかつて2代目ブラックタイガーとして新日本プロレスのリングでも活躍し、日本にもゆかりがあった。10月9日には38回目の誕生日を迎えたばかりだった。


 ちょっ、ちょっと待ってくれ。
 ありえへん。信じられん。
 そんな。ここで終わってしまうのかエディ。
 
 ショックです。
 
posted by 回転翼 at 18:26 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

[エキプロ7]クリスチャン退団か…

クールだぜ

 エキサイティングプロレスシリーズの最新作、『エキサイティングプロレス7』が今冬発売だそうです。6がかなり期待はずれ(CPの動きがヘン)だったので、今度は改善されてるかなと期待してたりします。
 ちなみに、同タイトルは『SMACK DOWN VS RAW 2006』という形でアメリカでは先行発売されているそうです。その北米版によれば今回登場するスーパースターは、

【RAW?】
ジョン・シナ
トリプルH ◎
リック・フレアー
ショーン・マイケルズ
カート・アングル
クリス・ジェリコ ×
ケイン ◎
ロヴ・ヴァン・ダム △
エッジ ◎
クリス・マスターズ
カリート
シェルトン・ベンジャミン
ユージーン
ハリケーン
レネ・デャプリー
ロヴ・コンウェイ
スニツキー
タジリ

【SMACK DOWN?】
バティスタ
JBL
アンダーテイカー ◎
ランディー・オートン
ビックショー
ブッカーT
クリス・ベノワ
エディ・ゲレロ
チャボ・ゲレロ 
レイ・ミステリオ
クリスチャン     ×
ハイデンライク
マーク・ジンドラック ×
チャーリー・ハース  ×
モハメド・ハサン △
デバリ △
オーランド・ジョーダン
ダグ・バッシャム △
ダニー・バッシャム △
スティーブン・リチャーズ △
スコッティー・2・ホッティー
ウイリアム・リーガル
シルヴァン・グルニエ
スパイク・ダッドリー ×
ポール・ロンドン

【ディーバ】
トリー・ウイルソン ×
トリッシュ・ストタラス
クリスティ・ヘミ
リタ
ステーシー・キープラー 
ジョイ・ジョヴァンニ ×
ミシェール・マッコール ×

【レジェンド】

ジミー・ハート
テッド・デビアス
ジャンクヤード・ドッグ
マンカインド
ザ・ロック
ブリティッシュ・ブルドッグ
ブレット・ハート
アンドレ・ザ・ジャイアント
ハルク・ホーガン
スティーブ・オースチン

 WWEを見ている方ならご存知かと思うが、実際には半年くらい前の所属選手が中心です。
 このうち、×印は現在退団。△印は休業中、もしくは不明です。クリス・ジェリコが音楽活動で休んでいるのはわかるけど、最近になってクリスチャンも退団。シリーズ皆勤賞が4人になってしまいました(◎印)。
 つーか、ハードコア・ホーリーいない。辞めてもいないのに不憫な。

【追伸】
レイ・ミステリオを書き漏らしていました。彼がいなくてどうする。
posted by 回転翼 at 16:55 | TrackBack(1) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

もし避難するとしたら、TRPGをどれだけ持ち出すか

 ただ今、アメリカではハリケーン・リタが上陸しています。
 この前も台風14号で降雨減衰が発生したりして、何かと迷惑しています。
 降雨減衰とは衛星からの電波が雷雨や集中豪雨の影響によって受信できなくなる状態を意味します。すなわち、デジタル派を受信してる僕のテレビはBSやCATVが一時的に観れなくなるってことです。激しい雷雨なんかあるとすぐに降雨減衰が発生しますので、デジタルもデメリットはあるなと実感するわけです。

 まぁ、浸水したり家屋がやられるよりはずっとマシなんですけど。

 TRPGゲーマーも災害対策は取らないといけません。
 常日頃シナリオやらキャラクターやらで頭を捻っている人が、「起こらないと思い込むのが最善の対策」では困るので、やはりいざ有事となもなればゲーマーとしてどこまで(趣味の)被害を食い止められるか考えておいても損はないでしょう。

 そんなわけで、今日はこんな想定をしてみました。
 「もし避難するとしたら、TRPGをどれだけ持ち出すか」

 想定はこう。

1:津波や台風の直撃、地震による地盤沈下、某国の宣戦布告によるミサイル攻撃の危険性、ナチスの吸血鬼一個大隊による侵攻、エミュレイターの侵食、スペクターTVの放送開始、etc、etc……とにかく1日中に街を離れて避難する必要がある。
 明日まで居残ったら死ぬ。
 あなたが趣味のものを荷造りできる時間は1時間以内とする。

2:残したTRPGは消失、流失、略奪などにあって一切がなくなるとする。

3:積んでいけるTRPGはいいとこ登山用リュック1杯かカート1台分。どちらかのみ。
  A4サイズの本を積んで、最大60p前後。文庫は4冊で1冊分とする。
  メタルフィギィアはボックスに積めて持ち出すこととする。
  ダイスは入れなくてよい。
  規定内でも「これしか持っていかない」と打ち止めにしてもよい。

4:車は他の家財道具などにより、想定3以上の荷物は積めないとする。
  宅急便などはパンク状態で使えない。




それでは、被災先でもセッションするであろう回転翼は何を持ち出すかと言えば…
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

酒席では珍獣 〜Blog活動1周年〜

 19日で、Blog版『うがつもの』は旧Blogでの活動も含めて1周年になります。
 そして、すでに8月中ですけどWebでの活動も2周年を迎えました。
 読者の皆様に感謝すると同時に、今後ともこの拙いBlogをよろしくごひいき願います。

 今日はちょっとよしなしごと。

 1年の間に、TRPG系Blogも随分増えてきました。
 半年ぐらい前は「いったい誰が見てるんだ?」と思うぐらいBlog同士のつながりが弱かったけど、現在はRSSアンテナなどの検索サイトもありますので、孤島から群島に成長したのかなと思っています。
 ちなみに、検索サイトやRSSアンテナの中では井上(仮)NEWSからが一番訪問者が多いです。掲載初日のインパクトではTRPG blog 他のRSSアンテナが勝りますが、数日の間はじわりじわりと人が来ます。真面目な論考記事などが取り上げられることが多いので、僕もよく覗いています。
 個人的な感想では、井上(仮)氏が変に自分の寸評を混ぜていない所がいいです。
 
 それでもって、1年間TRPG系Blogを見続けて感じたのは、以前はタブーであったTRPGの問題提起やトラブル、告白などをするBlogが増えてきたなってことです。後、クラスター世論に警戒してない舌鋒鋭い論考する人も。

 1年前に「私はTRPGが好きではありません」などというコラムを書き、日5000Hitを超えるプチ騒動を起こした時期と比べると隔世の感ありです。1年前はTRPGに関するネガティブなコラムを書くこと自体とっても危険なことで、しばらくは2ちゃんねるからの突撃厨が飛び交う始末でした。怖いメールも随分戴いたし、心情的には八方塞でした。
 つーか、今でもコンベンションで回転翼ですなんて名乗ろうものなら、見ず知らずの人から胸倉掴まされそうで、怖いからRPG日本さん以外んとこでは適当にHNでっち上げてます。

 やっぱりTRPG系ブロガーとして有名になっても、実際のTRPGプレイに悪影響が出るのはゲーマーとして本末転倒だなと痛感しています。だから今はネットの付き合いよりも直の付き合いを大事にしています。
 本当は酒の席なんかではみんなの憂さを暖かく聞き入れる大人になりたいんですけど、どの集まりに出ても喋る方に回されるのは正直すまない気持ちです。

 そんなわけで、白河堂さんに紙魚砂さんにがちゃさん(この3人が、僕としては活躍を期待しているとともに、今後の心配なゲーマーさん)……あまり飛ばし過ぎないようにね。Blogが原因でトラブル起こして気を揉むほど体に悪いものはないですから。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(1) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

(一応)幕末物TRPGはあるそうで

 『戦国霊異伝』が復刊.comによって復刊されるようです。
 戦国伝奇物と名付けられたホラーRPGなのですが、日本において和風ファンタジーRPGがなかった(当時は天羅も大活劇もなかった)時代ですので、ファンタジーと勘違いして入った人が肝を冷やしている光景を何度か目撃しています。
 僕もその1人。妖怪強いよ〜。

 それもこれも、戦国時代物ファンタジーTRPGが少ないからかも。
 天羅のようにクセのある設定ではなくて、Legend of Five Ringsのようなちょっとアジア混合の外国産でもない、時代小説のノリ(だれか1人挙げろとなると隆慶一郎かな)に近い割とオーソドックスな戦国時代物ファンタジーが何故か日本では作られていません。
 誰かが作ると何年も思い続けているんだけどなぁ。

 いわんや、ゲイシャガール・ウィズ・カタナではなくて。

 ASURAファンタジー?
 いや、新撰組入るのはちょっとご免。
 それなら素直に幕末物TRPGとして別に用意してほしいです。それにしたって、上海退魔行みたいに「新撰組vsドラキュラ」のような伝奇物ではなくて。
 
 そう言えば、幕末物TRPGないね〜ってRPG日本での打ち上げで言ったら鏡さんが「ファルケンシュタインは幕末物だよ」とのこと。
 
 富野良和卿がエヴァでローレライな少女エンジンの蒸気ロボ作って暴れている幕末ですか……。激しくイヤ。

◆◆◆
 
 注:今日のよしなしごと、同人には触れていません。同人レベルでは戦国物も幕末物もあります。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

言葉は刃

 最近は読者の皆様に申し訳ないと思う気持ちが一杯です。
 5月から徐々にBlogの記事数が減っているのに反比例して、Seesaaのアクセス解析によると日平均のアクセス数は上がっていく一方。今では400hitを下回る日が滅多にないほどの堅調ぶりです。
 それに見合った活動をしているのか分かりませんので、ただひたすら頭を下げるのみです。
 
 その上でさらに申し訳ないのですが、この記事はただ1人のための私信です。

 そんなわけで、白河堂さんへ。
 こちらは惨めで仕方ありません。
 あなたのその知識に対する無邪気さはもはや刃です。

 「カール・ボバーの反証可能性」なるものを持ち出して、あなたは一体僕に教えたいのですか。いつもそう。あなたはいつも哲学者や社会学者の引用に頼る。僕はカール・ホバーやカイヨワやホイジンガや、あるいは松岡正剛や橋爪大三郎と論争をしているではない。だけど彼は容赦なく世の学者の言葉を振るい、哲学や論理学の用語で以て僕に挑んできています。
 それが苦痛です。
 そういうのが嫌いな人間だってのは今まで散々言ってきたじゃないですか。
 見事にバカにしてきましたね。意図的でもそうでなくとも、僕にはどっちだって同じです。
 
 あなたは知識を、そんな風に使うんですね。
 
 だけど、それで「申し訳ありません。もうTBしません」なんて答えようなら、これは本当に軽蔑しなければならなくなります。人を斬る覚悟もなしに言葉を使っていたなら、傷ついたら逃げ出すのが関の山。そんな甘ちゃんを気遣う余裕はないです。
 むしろ自らの信じるままに人を斬ることを厭わぬTRPG研究の鬼と化したのだと認識して、彼がどこまで悪鬼羅刹になれるか見定めてみようとも思っています。賛否両論、高みからの説教から下衆極まりない罵倒まで、雨霰のごどく反響が返ってくる残忍無比な知識人としての道を是非とも臆せずに進んでいってほしいです。
 
 そんな気はなくても、もう遅いです。
 もうすでに『神饌喰い。』は非知識人志向のゲーマー……不勉強者切捨てのBlogに成り果ててるし。みんながみんな、専門用語と知識人の引用ばかりのBlogを支持してるとは到底思えないのです。
 ちょっと考えみなさい。
 そんなスタニクラフスキィやらヴィトゲンシュタインやらの哲学・論理学の用語が飛び交っている難解無比なBlogから、「あなたは○○が言う所の○○の観念では……」なんて大っぴらに知識人の名前を持ち出してくるTBされてみなさい。
 あなたは論戦OKだろうとも、他の人はどうですか。
 
 そんなことをしても「相手さんビビるかも」なんて配慮をしてないから、僕はあなたに対して冷酷な虚像を浮かべるしかないんです。
 同じウェブサイトで活動している仲ですけど、まだお互い無礼講でいいってほどの仲でもないでしょう? 今まで特に文句言わなかったのはあなたのゲーム感覚を尊重していたからであって、同志だからと気を許していたわけではありませんよ。これは馬場秀和氏や仮想光線氏とても同じ。まだ信用はできません。彼らが人間かどうかも疑わしい。

 だってまだ、会ってもいないじゃないですか。
 僕、あなたが人間かどうかも知らないんですから。それが現実。

 
 
posted by 回転翼 at 02:16 | TrackBack(1) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

賞金首の張り紙

 たまにはお遊び。

 http://www.glassgiant.com/misc_wanted_poster.php
 
 賞金首の張り紙を作れるサイトです。
 英語でしか対応できない、賞金額が4桁まで、Dead or Aliveではないとちょっと癖がありますけど、『テラ・ザ・ガンスリンガー』なんかで使えるのかな。
 では、とりあえず試しに……。

 なんで明智光秀。しかも「プレイ中に寝た」って……。
posted by 回転翼 at 18:20 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

レイ・セフォーのパンチは戦慄です

 DVD録画の話題が多いので専門カテゴリ作ろうと思ったけど、まぁよしときましょう。

 それにしても『D,C,セカンドシーズン』も『機動新撰組萌えよ剣TV』も『ぺとぺとさん』もみんな「来週は時間を変更します」の類のテロップが入ってる。そんなもん自分でチェックするから番組汚してまで流さんでええねんテレビ埼○さん。こりゃ3作ともキッズステーションに乗り換えですな。嗚呼、DVD-R代が〜。

 しかし、この前のHERO'Sの興行をGyaOが早くもノーカットで放映とは……。
 レイ・セフォーのブーメランフックがキム・ミンスに当たった時、TVがコツッって音を拾っているのは驚きました。最近では滅多に見ることのない戦慄シーンです。正直、キムの「選手」抜きの生命に問題あるほどじゃないかも。韓国は新マーケットゆえにスター選手欲しいってのはわかるけど、もっと戦慣れさせないと危険です。アナウンサーはアグレッシブな突貫ぶりを讃えているけど、これは明らかにカウンターへの配慮が欠けた無謀さ以外の何者でもありません。
 
 思えば、明らかに意識が朦朧している選手をして「目は死んでません」などと言うアナもいるもんで、格闘技を見るならアナウンスから耳を離したほうが見る目が養われるのかもしれません。

 話は変わりますが、RPG日本さんの研究会、『クトゥルフ・ダークエイジ』ONLYコンになってますね。言っては悪いが、客を選びます。
 さて、どうしたものか……。
 
 

 
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

録画をする人の悲嘆 〜提供テロップとCPRM対応DVD-R〜

 一族郎党の中でDVDレコーダーの所有者は僕1人なので、しばしば録画を頼まれます。
 もちろん、そんな一族だからDVDを再生するのはもっぱらプレステ2。『初恋』全66話録画などに至ってはT話1時間×66時間÷2(DVD-Rの容量。2時間換算。片面2層なんてできん)で33枚となるわけで……しかもデジタル(ホームドラマチャンネル)だからCPRM対応でないと焼けないし、国産で廉価なのはThat'sの10枚組ぐらいしかないし。

 頼む太陽誘電。50枚組出してくださ〜い。

 さて、昨日は父親に頼まれてフジテレビで放映された『海猿』の録画を頼まれたのですが、放映中に電話がかかってきて「録画しなくていいや」という声が。なんでも、映画の途中に「この番組はご覧のスポンサーの……」などいう「提供テロップ」が入っていたので録画する気が失せたとのことです。
 通常、地上波で映画を放映する際に提供テロップを流すときは、本編とは関係ないダイジェスト画面みたいなのを作って、その中で流します。だが、今回は本編そのものに流したわけです。
 これが意味する所は明白で、要はCMカットをやって欲しくないというフジテレビ側の意思表示なのでしょう。他のテレビ局……例えば、その前に放映された『スターウォーズ エピソード1』ではCMの前後ごとにチャプターを分轄して放映されていましたし、提供テロップも本編に重ねてはいませんでした(地震警報が入ったけど)。
 ところが、フジテレビのはチャプターを一切切らずに放映されています。CMカットの手間はとてもかかるし、それ以前に提供テロップなどでできる限りCMカット録画を防止する方向に編集されています。

 う〜む。
 やはり映画好きな人は地上波放送をアテにはできない時代になったんでしょうか。
 フジテレビに限らず、地上波テレビ局としてはこういうことをやらざるを得ない懐事情もあるでしょうし、代案なくして批判などできやしません。

 とりあえず、父には「DVD買いなさいな」と答えました。
 ただ、DVDレコーダーを出している家電業界としてはそういう防御策によって録画離れが進むのは看過できないことでしょう。録画ではなくDVD購入の方が主体となるような状況になったら、それこそ世界の1/3を占める海賊版DVDの生産者たちはウハウハなわけで、そんな状況では海賊版業者以外みんなジリ貧です。
 海賊版はおろか、Winnyなどで違法コピー品が手に入るであろうご時世ともなると、録画するという作業自体が愚かな行為なのかもしれません。けど、海賊版や違法コピー品にうつつを抜かしていると、いずれ政府なり業界なりがムギャオーとキレて大々々規制や怪しい刑法を作る方向に走るのは火を見るより明らかで、それは限りなくイヤです。

 つーか、現在でもCPRMで非常に苦しい思いしてるんですから。いまだに「CRPM」と順序間違えるし。
 CPRM対応のDVD-Rは価格.com最安(27日現在)のあきばんぐですら送料加算すると1枚150円ぐらいかかるんですから。CPRM非対応だと50枚組で1枚100円切るんですから、これは大きな差です。
 
 頼みますよ太陽誘電。50枚組出してくださいです。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

ユネスコ村のコルピ

 今日はどうしてもTBしておきたかったこのBlog記事。

 Color Spray うにの長野TRPG日記さんの記事、「狩り」こそ漢の宿命
 
 実は僕も買ってたりしてます。
 ここ半年Sonata ArcticaがiPodに入りっぱなしの僕としては、フィンランドのヘビメタと聞くだけで思わず視聴してしまうクチです。シンセサイザーを用いず、ヴァイオリンやアコーデオンなどのアコ楽器を取り入れてメタルとフォークの融合を図っている……かといえば融合しきってない音楽がまた楽しいです。
 
 しかし、徴税史たちに襲われて村を焼かれた悲痛の歌をして邦題が、「燃えろキャンプファイアー」です。森の精霊を歌ったファンタジーな歌が「森の中でハッスルハッスル」です。森に迷ったら助けてくれる白い狼の精霊は小川直也だったんですか。
 ……突っ込むのは無粋でしょう。「吐くまで飲もうぜ」なんか邦題通りだし。

 エンハンストCDなので、中には例の“「狩り」こそ漢の宿命”のPVと、1stアルバムから「Wooden Pints」のPVが入っています。バカさ加減なら実は後者の方が上。木の机を囲んで漢たち(コルピクラーニのメンバー)が野蛮に肉にかじりついたり喧嘩したりしてるけど、どう見たって「ユネスコ村で暴れている酔漢」にしか見えないのが何とも。

 最後に、ボーカルのヨンネが早く日本に来たいとのたもうとる言っているが、ここは大歓迎するとともに、彼にステキな邦人名を勝手にプレゼントしたいと思います。

 彼の邦人名は「蜂須賀小六」です。
 
 
posted by 回転翼 at 23:13 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

W杯出場決定で祝杯中

 ただいま〜。
 たった今、国立競技場から帰りました〜。
 ええ、あのパブな人たちの中に回転翼がいたなんてお釈迦さまとて気付くめぇ。

 ビール、うまうま。
 
 ホントは試合前はちょっと不安でしたね。
 だけど、日本が色々不安材料を抱えているように、北朝鮮だって連戦で不安材料をポンポン積み上げてきているわけだし、キムジョンイルがケツ叩いての先軍サッカーでも、もう未知の敵じゃないんだし問題ないよと仲間に言われて代々木へ。

 勝っちゃったですね。
 結果から言えばほぼ万全の試合運びでした。前半はもどかしい所があったけど、後半開始時に大黒が入ると空気が違ってきました。勢いのある男が1人入るだけでも違います。バーレーン戦の小笠原ん時と違ってアーティクルじゃない泥臭いシュートでしたけど、柳沢が先取点を決めたときは……お茶飲んでたんで迂闊にもムセました。みんなウォ〜って雄たけび上げてる中、ゲホゲホやってるアホな人がTVに映ってたらイヤです。
 
 そして大黒のシュート。
 ああ、報われたです。来た甲斐ありました。

 日本、W杯一番乗りです。
 これからが大変ですけど、今日は深いこと考えず祝杯します。

 やす〜いドラフトワンでもうまうま。
 ビールじゃないって? まぁ、ビールは高いから1本だけ。
posted by 回転翼 at 00:19 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

リバプール優勝でボロボロ

 どうも。回転翼です。
 ただ今、後ろには精魂尽き果てた野郎どもが7人います。
 ウチん家Jスポーツ観れるからUEFAチャンピオンリーグも観れるぞいと口走ったばかりに、今日はすっかりサポーターズカフェ状態。サッカーファンの同僚とそのまた友達のサッカーファンが、のどごし生4ダースと近所のスーパーで買い占めた唐揚げやらを持ち寄っての観戦飲み会が(ついさきほどまで)行われました。
 当然、10時近くに開始される番組ですから全員泊まり確定。今夜はモルグの方が快適だったと思うような寝方しても知ったことではありません。

 事前予想ではACミラン勝ちを予測する人が6人。リバプールが1人
 そして……。

 「酸素が負けた以上、僕のUEFAは終わってるんだ……」
 
 などとベスト16で負けたチームを応援していた僕はリバプール側に。
 
 試合は前半でミランが3得点。クレスポが3点目を入れた時点で、リバ側は諦めムードが漂っていて、カカのプレイがいいよねとかミラン分析モードに突入。シェフチェンコ好きの同僚なんぞは「脱げ〜」と喚くし、前半だけでかなり体力を消耗。ビールも全員3本目突入。
 
 ところが後半、ジェラード、スミチェルと連続してゴールを決めると全員ビールに伸びる手を休めてテレビに釘付け。シャビ・アロンゾがPKで同点に持ち込むと太平道人の奇跡を見せつけられたかのように、「神だ」「奇跡だ」とつぶやく状態。
 それ以降、トルコのはずなのにここはリバプールかと思わんがばかりのリバプールサポーターの騒ぎぶりとコーランのように響く彼らの歌声、それに反するミランサポーターの目が死んでる状態……これがサッカーの流れという奴かと神妙になってる間にも、我らの体力は限界に達していました。
 アロンゾのゴールからは膠着して消耗戦に突入。そのまま延長戦に突入しましたが、みんなボロボロ。これではロクに騒げずに(いや、もう0時過ぎてたので騒いで欲しくなかった)シェフあたりが決めて終わりかなと思ってたのに……PK戦突入。

 ここで魅せてくれたのがリバプールのGK・デュデク。
 両手フリフリ、腰フリフリの蟹だかパントマイムだか分からない「ヘンなオジさん」殺法でミランを幻惑……いや、悩殺。正直、男が好きって人だったらイヤだに。ゲイな方にモテる漢ナンバー1にランクアップかも。
 最後は脱ぐ人・シェフチェンコが身の危険を感じたのか外して終了。
 リバプールの優勝でチャンピオンリーグは劇的に締めくくりました。

 歓喜に沸くリバプール。シセやトラオレがアフリカの血が蘇ったのか裸踊りをし、カーンよりもゴツいリーセが馬鹿っぽい帽子かぶって浮かれ、髪型から「長州、長州!」と叫んでいたバロシュもカメラに向かって吠える。
 そして狐につつまれたミランの面々。哀れです。

 前半のミラン劇場と、後半の神がかったリバプールのミラクル、そして消耗戦にデュデクの悩殺プレイ……。なんか2、3試合を連続して観た気分です。やっぱ欧州のトップどころがやるプレイは違うなぁ。

 さて、もう2時ですから寝るです。なんかテレビの前ではまだ朝までサッカー観ようと頑張ってる人が何人かいますけど、あたしゃプレミアリーグだけで充分。ブンデスリーガまで観る余裕ないっす。

 結局、今日は『ハチミツとクローバー』観れずじまい。
 とほほ〜。
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(1) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

番組テロップはカットできないものか

 ぐはぁっ!
 『K-1 GP』に続いて『まほらば』にまで地震情報がっ。
 こういうものはDVDレコーダーの録画機能でカットできるようにしてもらいたいんだけど。なぜならテロップの情報は永続的に必要な情報ではない以上、受信者としても永続的につきあう必要はないからです。もちろん、それは「地震で困っている人がいて情報を求めている」という反論で封じ込められてきた「テロップを流すな」ということとは関係がありません。

 テロップと言えば、三週連続(明日を含めて)『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG』が野球のために延長、「野球中継のため〜」という誰も求めていないテロップを拝むことになります。DVDを買え、地上局に依存するほうが間違っているという声を、田んぼの中の泥田坊から聞こえてきます。

 結局、ユーザーとしましてはいかなる目的でも番組に手を加えるような編集はしてほしくはないのが本音です。しかるに、テロップなどはその場で必要な人がいることは事実でしょうから流すのはやぶさかではない。ただし、永続的に必要な情報ではない以上、CMカットと同様に録画段階でカットできるようにしても問題はない。それが妥協点でしょうか。
 
 もっとも、現在の民放連会長が「CMも番組に含まれる著作物だからCMカットは著作権法違反」なんて見解では、番組テロップも著作物などと言いかねないですかね。そうなるとDVDとして発売するときはテロップを外していいのか、キングレコードはテレビ東京、さらに民放連にお伺いを立てるのでしょうか。
 んなバカな。寝言は寝て言えというのが父の教えです。

 ここはDVDレコーダーのメーカーに頑張って技術を磨いてほしいものです。

 まぁ、『まほらば』はAT-Xで放送が決定しましたから、3ヶ月以上待てばテロップなしが出るでしょう。ただ〜し、デジタルなのでCPRMかかるし、そうなるとDVD代が一枚30円近くアップするという大出費が。CRPM対応DVD-Rに対応した環境がメディア、プレイヤー双方に確立していないんだから、まだまだ忍の字ですかね。
 そもそも、外部記録媒体自体が、HDD録画からすれば時代遅れで録画内容をどぶ川に捨ててるようなナンセンスな代物であるって見方もなくもない。すでに外付けHDDをVTRみたいに持ち歩いている友人もいるし。
 それでも次世代(HDDDVD+ブルーレイのアレ)に比べれば面倒なことしてるなってことになるんでしょうね。

 う〜む。
 将来N◎VAの住人になったらIANUSを埋めますか、それともウェットでいますかと言われたら迷わず埋める人間であることは間違いない。DAKなしじゃTRPG(99%がオンライン環境に)もできない環境だったりしてね。
 すると、ごく一部に災厄前のTRPGを使ったウェットなコンベンションがどこかでひっそり行われているとか。

 ……今日も寄り道しまくりの雑記。

 AT-Xなんて口にしている時点でスカパー加入者ってことをカミングアウトしているアホアホな今日の僕。6月には『月詠 -MOON PHASE-』が再放送だからTRPGゲーマーはチェック。何故、そんな参考にもならんモン観なくちゃならないのかと言えば、TRPGのゲーマーには吸血鬼マニアが多いからです。
 『ナイトウィザード』などにも吸血鬼いますね。ヴァンパイア萌え、ヴァンパイアステキ、ステキヴァンパイアな人が多い背景には別に彼らが咬まれたからじゃなくて、ホラホラ、永遠に美幼女でゴスロリファッションが似合うなんてファンタジーを叶えてくれるのはノスフェラトゥしかあらへんやろってドリームが……。

 いかんいかん。↑だけは賛同率0%。完全な怪説。
 TRPGゲーマーは大人のお姉さんが好き。アダルトなの。決してドワーフの女性は人間視点で美幼女とか夢想してはダメだに。ホビットに萌えてもダメ。足の裏に毛が生えてるんだに。

◆◆◆

 旧Melma!のログを公開するにあたって、ただ今Webサイト版『うがつもの』のコンテンツを製作しています。GW中になんとか置き場所を含めて作りたいものです。そして、サイト名までも「うがつもの」にするのかも検討中です。

 
posted by 回転翼 at 09:01 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

Revolutionな週末

 昨日はここんとこお世話になっているRPG日本さんとこで『トーキョーN◎VA』をプレイ。笑いあり、涙なしのセッションで7時間以上も暴走機関車状態。その後は飲み屋でこれまた気を吐き、12時に帰宅するや否や4時半にはコミックレヴォリューションに出発。遠方の友人との再会を喜びながら5時間近くもサンシャインのバス寄せに並び続ける。しかも並んだのは、コミケよりも獰猛で危険極まりないスクラムが発生する文化会館2F。3時間しか寝ておらず、花粉症の薬で意識朦朧としている状態での戦国絵巻。

 普通なら精根尽き果てるはずなのだが…。
 昔から日本人離れしている味覚がスパイスを求め、そのまま池袋には多いタイ料理店に転がり込んでトムヤムクン、ウマ〜っとやる辺りは「俺の魂はまだ死んでいない」と吠える資格ありと。
 いや、単に煙草やんないから。

 そんなワケで、夕方帰って晩餐取って、ビールを空けた反動でガーッと寝てさっき起きた状態です。早く土曜のPRIDEを観ないことには。『こみっくパーティRevolution』から『ふたりはプリキュアMaxHeart』まで土日に録画したのまだ観てないや…って、今日は『まほらば』1時間スペシャル。一番好きなアニメの1つなのでこれは生で観ないと。

 う〜む。最近Scoopsの方はサボリっぱなしだし、Webサイトも作らんことには(CSSで作れればいいな〜)。それでも週2日は実家に帰らんとアカンし。
 こりゃ来週もスパイス入れないとマズイか?

追伸:ケアレスミスは直します。
 
posted by 回転翼 at 00:09 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

深夜録画の根競べ

 しんどかったです。
 いや、『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG』が野球中継で遅れたんで手動録画だったんですけど、タイミングがギリギリで、開始1秒前から録画開始という頭の悪い離れ業をしてしまいました。しかも2:40には『いちご100%』が始まるし。正直、重ならないか不安でした。

 山本晋也監督のフェチ話があんなにもどかしく思えるとは…。

 それと気にかけていたのが、コンクラーベ。決定すればテロップですし、放映中は決まらんでくれ〜と祈っていたら、『MONSTER』の頃に決定。一安心。ドイツ人ってことよりも78歳って方に驚いた僕は少数派でしょう。

 そう思ったら、「野球中継の延長のため20分繰り下げて…」のテロップが…もうやだ〜(悲しい顔)
 SEESAAの顔文字って見れない人いるのかな。なんか文字化けとかしてる人いたらごめんなさいね。

 まぁとりあえず、攻殻もいちごも取れたし一息…って、もうこんな時刻。
 寝るっす。なんで僕のは「寝る」より前に「錬る」とか「煉る」とか出るんや。
 
posted by 回転翼 at 03:36 | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。